最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<header_name>

std::class_name::page_title (ページのタイトルです)(C++17)

<!-- `[meta header]`は、所属ヘッダを表すメタ情報 -->

<!-- `[meta id-type]`は、識別子の種別を表すメタ情報。class, class template, function, function template, enum, variable, type-alias, macro, namespace -->

<!-- `[meta namespace]`は、所属する名前空間を表すメタ情報。マクロを考慮して省略可。名前空間の区切りは`::` -->

<!-- `[meta class]`は、所属するクラスを表すメタ情報。クラスページでは省略する。structとは書けない -->

<!-- `[meta cpp]`は、機能が追加・非推奨・削除されたバージョンを表すメタ情報。改行して複数指定ができる。 -->

<!-- `cpp11[meta cpp]` : C++11で追加された機能 -->

<!-- `cpp14[meta cpp]` : C++14で追加された機能 -->

<!-- `cpp17[meta cpp]` : C++17で追加された機能 -->

<!-- `cpp20[meta cpp]` : C++20で追加された機能 -->

<!-- `cpp11deprecated[meta cpp]` : C++11で非推奨になった機能 -->

<!-- `cpp14deprecated[meta cpp]` : C++14で非推奨になった機能 -->

<!-- `cpp14removed[meta cpp]` : C++14で削除された機能 -->

<!-- `cpp17deprecated[meta cpp]` : C++17で非推奨になった機能 -->

<!-- `cpp17removed[meta cpp]` : C++17で削除された機能 -->

<!-- `cpp20deprecated[meta cpp]` : C++20で非推奨になった機能 -->

<!-- `cpp20removed[meta cpp]` : C++20で削除された機能 -->

void definition(); // 関数・変数・定数の宣言を記述します。

概要

(ここには、関数・変数・定数の概要を記述します。必須事項です。)

(必要な項目を省略する場合には、「(執筆中)」と書いておいてください。)

要件

(ここには、関数を実行するための事前条件、型への要件などを記述します。とくになければ、項目を削除してください。)

効果

(ここには、関数の内部で行われる効果:effect を記述します。戻り値しかないような関数の場合には、項目を削除してください。)

戻り値

(ここには、関数の戻り値を記述します。戻り値の型がvoidの場合は、「なし」と記述してください。)

計算量

(ここには、アルゴリズムの計算量を記述します。規格上とくに明記がなければ、項目を削除してください。)

備考

(ここには、関数・変数・定数を説明するにあたっての、補足事項を記述します。とくになければ、項目を削除してください。)

// (ここには、関数・変数・定数を解説するための、サンプルコードを記述します。)
// (インクルードとmain()関数を含む、実行可能なサンプルコードを記述してください。)

#include <iostream>

int main()
{
  int variable = 0;
  std::cout << variable << std::endl;
}

出力

0

実装例

// (ここには、その関数・変数・定数の、実装例を記述します。)
// (とくに必要がないと判断した場合、項目を削除してください。)

バージョン

言語

  • C++11

処理系

  • Clang: 1.9, 2.9, 3.0, 3.1, 3.2, 3.3
  • GCC: 3.4.6, 4.2.4, 4.3.6, 4.4.7, 4.5.3, 4.6.3, 4.7.2, 4.8.1
  • GCC, C++11 mode: 4.3.6, 4.4.7, 4.5.3, 4.6.3, 4.7.2, 4.8.1
  • ICC: 10.1, 11.0, 11.1, 12.0
  • Visual C++: 7.1, 8.0, 9.0, 10.0, 11.0

(ここには、その機能が存在する言語のバージョンと、確認がとれたコンパイラとそのバージョンを記述します。)
(これらの項目を削除した場合、C++03のあらゆる環境で使用できることを意味します。) (確認のテストできないときは、??を記述してください。)

備考

(処理系ごとに存在するバグや注意事項を記述します。とくにない場合は、項目を削除してください。)

参照

(ここには、その関数・変数・定数を理解するにあたっての参考資料や、関連する機能へのリンクを記述します。とくに必要がないと判断した場合、項目を削除してください。)