最終更新日時:
が更新

履歴 編集

page_title (ページのタイトルです)(C++11)

<!-- `[meta cpp]`は、機能が追加・非推奨・削除されたバージョンを表すメタ情報。改行して複数指定ができる。 -->

<!-- `cpp11[meta cpp]` : C++11で追加された機能 -->

<!-- `cpp14[meta cpp]` : C++14で追加された機能 -->

<!-- `cpp11deprecated[meta cpp]` : C++11で非推奨になった機能 -->

<!-- `cpp14deprecated[meta cpp]` : C++14で非推奨になった機能 -->

<!-- `cpp14removed[meta cpp]` : C++14で削除された機能 -->

概要

(ここには、言語機能の概要を記載します。)

(必要な項目を省略する場合には、「(執筆中)」と書いておいてください。)

仕様

(ここには、言語機能の仕様を記載します。最初のコミットから完璧にする必要はありません。徐々に詳細にしていけばOKです。)

// (ここには、言語機能の使い方を解説するための、サンプルコードを記述します。)
// (インクルードとmain()関数を含む、実行可能なサンプルコードを記述してください。)

#include <iostream>

int main()
{
  int variable = 0;
  std::cout << variable << std::endl;
}

出力

0

この機能が必要になった背景・経緯

(ここには、その言語機能が必要になった背景や経緯を記述します。その言語機能で解決したい問題は何だったのかは、ユーザーがその言語機能を実際に使う上で重要な情報となります。)

検討されたほかの選択肢

(ここには、その言語機能が実際に採用されるまでに検討された、ほかの設計選択を記述します。どのような選択肢があって今の言語機能となったのかがわかるようにします。)

関連項目

(ここには、その言語機能と関連のあるcpprefjpサイト内の項目へのリンクを記述します。とくに必要がないと判断した場合、項目を削除してください。)

参照

(ここには、その言語機能を理解するにあたっての参考資料へのリンクを記述します。とくに必要がないと判断した場合、項目を削除してください。)