最終更新日時:
が更新

履歴 編集

非推奨だったregisterキーワードを削除(C++17)

概要

C++17ではC++11で非推奨化されたregisterキーワードを削除する。

C言語から引き継いだregisterキーワードは、変数をCPUのレジスタ上に保存するための記憶クラス指定子である。

// 変数vを、メモリの代わりにレジスタに保存する。
// 保存できない場合はメモリに保存する
register int v = 42;

registerキーワードは最適化 (高速化) のためのヒントではあるが、非推奨化の提案が出た時点で、コンパイラから単に無視される機能となっていた。

registerキーワードはC++17標準では使用しなくなるが、将来のために予約されたままとなる。

関連項目

参照