最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<array>

std::array::back(C++11)

reference back();                       // (1)
const_reference back() const;           // (2) C++11
constexpr const_reference back() const; // (2) C++14

概要

最後尾要素を参照する。

戻り値

a.back()は末尾の要素への参照を返す。もし、aconstだった場合には、末尾の要素へのconst参照を返す。a.back(){ auto tmp = a.end(); --tmp; return *tmp; } と同じ結果になる。

備考

要素数が0の場合(N == 0の場合)、この関数呼び出しの効果は未定義である。

#include <iostream>
#include <array>

int main()
{
  std::array<int, 3> ar = {3, 1, 4};
  const std::array<int, 3>& car = ar;

  int& a = ar.back();
  const int& b = car.back();

  std::cout << a << std::endl;
  std::cout << b << std::endl;
}

出力

4
4

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照