最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<array>

std::array::crend(C++11)

const_reverse_iterator crend() const noexcept;

概要

先頭要素の前を指す読み取り専用逆イテレータを取得する。

rend()は非constarrayオブジェクトに対してreverse_iteratorを返し、constarrayオブジェクトに対してはconst_reverse_iteratorを返すが、cend()const_reverse_iteratorを返すバージョンのみが提供されている。 アルゴリズムにイテレータの組を渡す際、アルゴリズム内でデータの書き換えが起こらないというユーザーの意図を示す場合などに有用である。

戻り値

先頭要素の前を指す読み取り専用逆イテレータ

例外

投げない

計算量

定数時間

#include <iostream>
#include <array>
#include <algorithm>

int main()
{
  std::array<int, 3> ar = {1, 2, 3};

  // このアルゴリズム内ではarの書き換えを決して行わない
  std::for_each(ar.crbegin(), ar.crend(), [](const int& x) {
    std::cout << x << std::endl;
  });
}

出力

3
2
1

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照