最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<bitset>

std::operator|

namespace std {
  template <size_t N>
  bitset<N> operator|(const bitset<N>& lhs, const bitset<N>& rhs);          // C++03

  template <size_t N>
  bitset<N> operator|(const bitset<N>& lhs, const bitset<N>& rhs) noexcept; // C++11
}

概要

lhsrhsに対して、論理和(OR)したbitsetを生成する。

戻り値

lhsrhsのどちらか一方でも1となるビットを1、それ以外のビットを0とするbitsetオブジェクトを生成して返す。
この関数は、以下のプログラムと同じ動作をする:

return bitset<N>(lhs) |= rhs;

例外

投げない。

#include <iostream>
#include <bitset>

int main()
{
  std::bitset<4> bs1("0011");
  std::bitset<4> bs2("0101");

  std::bitset<4> result = bs1 | bs2;

  std::cout << result << std::endl;
}

出力

0111

参照