最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<bitset>

std::bitset::to_string

// C++03
template <class CharT, class Traits, class Allocator>
basic_string<CharT, Traits, Allocator> to_string() const;

// C++11
template <class CharT = char,
          class Traits = char_traits<CharT>,
          class Allocator = allocator<CharT>>
basic_string<CharT, Traits, Allocator>
  to_string(CharT zero = CharT('0'), CharT one = CharT('1')) const;

概要

文字列に変換する。

戻り値

  1. bitsetクラスのテンプレートパラメータNの長さのbasic_stringオブジェクトを構築する。
  2. 各ビットを文字表現に変換する
    • C++03 : ビット値0は文字CharT(0)に、ビット値1は文字CharT(1)に変換。
    • C++11 : ビット値0はパラメータzeroの文字に、ビット値1はパラメータoneに変換。
  3. 各ビットの文字表現を、構築したbasic_stringオブジェクトに順番に設定して返す。

#include <iostream>
#include <bitset>

int main()
{
  std::bitset<8> bs(131uL);

  // C++03版の使用法
  std::string s1 = bs.to_string<char, std::char_traits<char>, std::allocator<char>>();
  std::cout << s1 << std::endl;

  // C++11版の使用法
  std::string s2 = bs.to_string();
  std::cout << s2 << std::endl;
}

出力

10000011
10000011

備考

  • Visual C++、GCC(libstdc++)には、C++03でもbs.to_string()のように簡単に使用するための独自実装が追加で導入されていた。

参照