最終更新日時:
が更新

履歴 編集

typedef
<chrono>

std::chrono::milliseconds(C++11)

namespace std {
namespace chrono {
  typedef duration<最低でも45ビットを持つ符号付き整数型, milli> milliseconds;
}}

概要

ミリ秒単位を表現するdurationの別名

#include <iostream>
#include <chrono>

int main()
{
  std::chrono::milliseconds ms1(30);
  std::chrono::milliseconds ms2(20);

  // ミリ秒同士の演算
  // 30ミリ秒 + 20ミリ秒 = 50ミリ秒
  std::chrono::milliseconds result = ms1 + ms2;
  std::cout << result.count() << std::endl;

  // ミリ秒をマイクロ秒に変換
  // 50ミリ秒 = 50000マイクロ秒
  std::chrono::microseconds microsec = result;
  std::cout << microsec.count() << std::endl;

  // ミリ秒を秒に変換
  // 1005ミリ秒は1.005秒だが、整数表現のミリ秒に変換する際に5ミリ秒が
  // 切り捨てられるため、1秒となる。
  // 切り捨てが発生する場合には、duration_cast()関数を使用する。
  std::chrono::milliseconds ms3(1005);
  std::chrono::seconds s = std::chrono::duration_cast<std::chrono::seconds>(ms3);
  std::cout << s.count() << std::endl;
}

出力

50
50000
1

バージョン

言語

  • C++11

処理系

関連項目