最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<complex>

std::atanh(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  complex<T> atanh(const complex<T>& x);
}

概要

複素数値の逆双曲線正接(エリアハイパボリック:area hyperbolic tangent(備考参照))を得る。

戻り値

引数 x の双曲線逆正接。本関数の値域は、実軸方向は全域、虚軸方向は [-i π/2, +i π/2] の区間である(i は虚数単位)。

備考

  • 本関数は実軸の区間 [-1, +1] の外側を分岐截断とする。
  • 本関数は、C99 の規格にある catanh(より正確には complex.h ヘッダの catanhcatanhfcatanhl の 3 つ。それぞれ C++ の atanh<double>atanh<float>atanh<long double> に相当)と同等である。
    C99 では、処理系が ISO IEC 60559(IEEE 754 と同一)に準拠している場合、以下のように規定されている。
    • atanh(conj(x)) = conj(atanh(x))で、また、atanh は奇関数(つまり、atanh(-x) = -atanh(x))。
    • atanh(complex(+0, +0))complex(+0, +0) を返す。
    • atanh(complex(+0, NaN))complex(+0, NaN) を返す。
    • atanh(complex(+1, +0))complex(+∞, +0) を返すとともに、ゼロ除算の浮動小数点例外(FE_DIVBYZERO)を引き起こす。
    • 有限で正の符号を持つ(+0 を含む)x について、atanh(complex(x, +∞))complex(+0, π/2) を返す。
    • 有限で非ゼロの値を持つ x について、atanh(complex(x, NaN))complex(NaN, NaN) を返すとともに、無効演算の浮動小数点例外(FE_INVALID)を引き起こす可能性がある。
    • 有限で正の符号を持つ(+0 を含む)y について、atanh(complex(+∞, y))complex(+0, π/2)を返す。
    • atanh(complex(+∞, +∞))complex(+0, π/2) を返す。
    • atanh(complex(+∞, NaN))complex(+0, NaN) を返す。
    • 有限の y について、atanh(complex(NaN, y))complex(NaN, NaN) を返すとともに、無効演算の浮動小数点例外(FE_INVALID)を引き起こす可能性がある。
    • atanh(complex(NaN, +∞))complex(±0, π/2) を返す(結果値の実部の符号は未規定)。
    • atanh(complex(NaN, NaN))complex(NaN, NaN) を返す。
  • 処理系が ISO IEC 60559 に準拠しているかどうかは、C99 の場合はマクロ __STDC_IEC_559_COMPLEX__1 に定義されている事で判別可能であるが、C++ の規格書には該当する記載を見つける事ができなかった。
  • 逆双曲線正接の算出については、一部の算術型に対しても、他のヘッダで定義されている。

    引数の型 関数 ヘッダ 備考
    float atanh cmath C++11 から
    double atanh cmath C++11 から
    long double atanh cmath C++11 から
    任意の整数型 atanh cmath C++11 から

    なお、残念ながら valarray クラステンプレートには逆双曲線正接の算出は定義されていない。 逆双曲線関数は C++11 で追加された関数であるため、その際の追加漏れかもしれない。

  • 規格書では arc hyperbolic tangent となっているが、逆双曲線関数で求めるのは「弧(arc)」ではなく「面積(area)」であるため、(広く誤用されてはいるものの)適切な表現ではない。(逆双曲線関数 - Wikipedia

#include <iostream>
#include <complex>

int main()
{
  std::complex<double> c(1.0, 2.0);

  std::complex<double> result = std::atanh(c);
  std::cout << "atanh( " << c << " ) = " << result << std::endl;
}

出力

atanh( (1,2) ) = (0.173287,1.1781)

バージョン

言語

  • C++11

処理系

備考

  • libstdc++ では(規格通りに)C++11 以降のモードでなければ本関数は使用できないが、libc++ では C++98 モードでも使用することができる。(上記の Clang が C++11 モードになっていないのはそのため)
  • libstdc++ では、通常 glibc の対応する関数を呼び出すため、上記の備考に記載した C99 の ISO IEC 60559 準拠要件を満たす。
    しかし、glibc を使用していない libstdc++、および、libc++ は、当該要件を満たしていない(満たすつもりが無い?)ようである。

参照

acos 複素数の逆余弦を求める。
asin 複素数の逆正弦を求める。
atan 複素数の逆正接を求める。
acosh 複素数の逆双曲線余弦を求める。
asinh 複素数の逆双曲線正弦を求める。
cos 複素数の余弦を求める。
cosh 複素数の双曲線余弦を求める。
exp 自然対数の底 e の累乗(複素数)を求める。
log 複素数の自然対数を求める。
log10 複素数の常用対数を求める。
pow 複素数の累乗を求める。
sin 複素数の正弦を求める。
sinh 複素数の双曲線正弦を求める。
sqrt 複素数の平方根を求める。
tan 複素数の正接を求める。
tanh 複素数の双曲線正接を求める。
atanh 実数の逆双曲線正接を求める。