最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<condition_variable>

std::condition_variable::native_handle(C++11)

native_handle_type native_handle();

概要

条件変数のハンドルを取得する

効果

この関数は、実装依存の条件変数ハンドルを返す。

  • Unix系環境におけるlibstdc++とlibc++では、pthreadライブラリの条件変数型pthread_cond_t*を表す。
  • Visual C++では、内部的なデータ構造への不透明なポインタ型(定義のない構造体へのポインタ型)を表す。

ハンドル型に対する操作は汎用的ではないため、環境依存のプログラミングが必要な場合に使用する。

戻り値

実装依存の条件変数ハンドル

#include <condition_variable>
#include <pthread.h>

int main()
{
  std::condition_variable cond;

  // データの準備ができたことを通知する(notify_one()と同じ)
  pthread_cond_signal(cond.native_handle());
}

出力

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照