最終更新日時:
が更新

履歴 編集

macro
<cstddef>

NULL

# define NULL implementation-defined

このマクロは処理系定義のヌルポインタ定数に展開される。

ヌルポインタは一般に、ポインタがいかなるオブジェクトも指し示さないことを意味するために使われる。

C++における「ヌルポインタ定数」の定義により、NULLとして0, 0Lは規格に適合する定義だが(void*)0は不正である。

参照

  • C++14 - 18.2 [support.types] p3, 4.10 [conv.ptr] p1