最終更新日時:
が更新

履歴 編集

typedef
<cstdint>

std::uintptr_t(C++11)

namespace std {
  typedef unsigned-integer-type uintptr_t;
}

概要

ポインタサイズの符号なし整数型。

この型を実装するかどうかは処理系定義。

この型は、以下の動作が保証される:

  1. 有効なvoidへのポインタからuintptr_t型への変換
  2. uintptr_t型のポインタ値からvoidへのポインタへの逆変換
  3. 変換前と逆変換のポインタ値が等値となる

コード例は、intptr_tを参照。

バージョン

言語

  • C++11

処理系