最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<deque>

std::deque::rend

reverse_iterator rend() noexcept;
const_reverse_iterator rend() const noexcept;

概要

先頭要素の前を指す逆イテレータを取得する。

戻り値

constな文脈ではreverse_iterator型で先頭要素の前を指す逆イテレータを返し、 constな文脈ではconst_reverse_iterator型で 先頭要素の前を指す逆イテレータを返す。

例外

投げない

計算量

定数時間

#include <iostream>
#include <deque>

int main()
{
  std::deque<int> d = {1, 2, 3};
  const std::deque<int>& cd = d;

  decltype(d)::reverse_iterator i = d.rbegin();
  decltype(d)::reverse_iterator last = d.rend();

  decltype(d)::const_reverse_iterator ci = cd.rbegin();
  decltype(d)::const_reverse_iterator clast = cd.rend();

  for (; i != last; ++i) {
    std::cout << *i << std::endl;
  }

  for (; ci != clast; ++ci) {
    std::cout << *ci << std::endl;
  }
}

出力

3
2
1
3
2
1

関連項目

名前 説明
rbegin 末尾要素を指す逆イテレータを取得する
crbegin 末尾要素を指す読み取り専用逆イテレータを取得する
crend 先頭要素の前を指す読み取り専用逆イテレータを取得する
begin 先頭要素を指すイテレータの取得する
end 末尾要素の次を指すイテレータを取得する