最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<filesystem>

std::filesystem::equivalent(C++17)

namespace std::filesystem {
  bool equivalent(const path& p1, const path& p2);                               // (1)
  bool equivalent(const path& p1, const path& p2, std::error_code& ec) noexcept; // (2)
}

概要

2つのエンティティが同等かを確認する。

2つのエンティティが、ファイルシステムとして同等かを確認する。2つが同じパスの場合は同等、それに加えてシンボリックリンクと元のファイルも同等、同じinodeを参照するハードリンクも同等と判断される。

戻り値

  • status(p1)s1status(p2)s2として、
  • s1 == s2かつp1p2がファイルシステムとして同等のエンティティに解決される場合、trueを返し、そうでなければfalseを返す
  • p1p2両方のエンティティが存在しない、p1p2両方がis_other()trueを返す種別のエンティティである場合、およびファイルシステムでエラーが発生した場合、 (1) ではstd::filesystem::filesystem_error例外を送出し、 (2) ではecにエラー情報が設定されてfalseが返る

例外

  • (1) : ファイルシステムがエラーを報告する場合がある。それに加えて、p1p2両方のエンティティが存在しない、p1p2両方がis_other()trueを返す種別のエンティティである場合もエラーである。エラーが発生した場合は、std::filesystem::filesystem_error例外を送出する
  • (2) : 投げない

#include <cassert>
#include <fstream>
#include <filesystem>

namespace fs = std::filesystem;

int main()
{
  std::ofstream{"regular.txt"};
  fs::create_symlink("regular.txt", "regular.symlink");
  fs::create_hard_link("regular.txt", "regular-2.txt");

  fs::create_directory("dir");
  fs::create_directory_symlink("dir", "dir_symlink");

  // パスを正規化した結果として同等のパスを指している
  assert(fs::equivalent("regular.txt", "./regular.txt"));

  // シンボリックリンクとその元は同等
  assert(fs::equivalent("regular.txt", "regular.symlink"));
  assert(fs::equivalent("regular-2.txt", "regular.symlink"));
  assert(fs::equivalent("dir", "dir_symlink"));

  // 同じinodeを参照するハードリンクは同等
  assert(fs::equivalent("regular.txt", "regular-2.txt"));
}

出力

バージョン

言語

  • C++17

処理系