最終更新日時:
が更新

履歴 編集

<list>

std::list::推論補助(C++17)

namespace std {
  template <class InputIterator,
            class Allocator = allocator<typename iterator_traits<InputIterator>::value_type>>
  list(InputIterator, InputIterator, Allocator = Allocator())
    -> list<typename iterator_traits<InputIterator>::value_type, Allocator>;
}

概要

std::listクラステンプレートの型推論補助。イテレータ範囲から推論する。

#include <list>
#include <type_traits>
#include <cassert>

int main()
{
  // 初期化子リストから推論
  std::list ls1 = {1, 2, 3};
  static_assert(std::is_same_v<decltype(ls1), std::list<int>>);

  // パラメータ設定済みのlistからの推論
  std::list ls2 = ls1;
  static_assert(std::is_same_v<decltype(ls2), std::list<int>>);

  // 値1を3回繰り返すコンストラクタからの推論。
  // ls3{3, 1} とすると初期化子リストと見なされてしまうので注意
  std::list ls3(3, 1);
  static_assert(std::is_same_v<decltype(ls3), std::list<int>>);
  assert(ls3.size() == 3);

  // イテレータ範囲からの推論。
  // ls4{ls1.begin(), ls1.end()} とすると、イテレータの初期化子リストと見なされてしまうので注意
  std::list ls4(ls1.begin(), ls1.end());
  static_assert(std::is_same_v<decltype(ls4), std::list<int>>);
  assert(ls4.size() == 3);
}

出力

バージョン

言語

  • C++17

処理系

関連項目

参照