最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<ranges>

std::ranges::possibly-const-range(C++23)

namespace std::ranges {
  template<input_range R>
  constexpr auto& possibly-const-range(R& r) {
    if constexpr (constant_range<const R> && !constant_range<R>) {
      return const_cast<const R&>(r);
    } else {
      return r;
    }
  }
}

概要

possibly-const-rangeは入力のinput_rangeオブジェクトrを、可能なら要素が定数化されたrangeへ変換するものである。

主に、ranges::cbegin()など定数イテレータを取得したい場所で、イテレータ取得前の段階でrange型の簡単な変換のみで定数イテレータを取得できるかを試行するのに使用される。

バージョン

言語

  • C++23

参照