最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class template
<type_traits>

std::add_volatile(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  struct add_volatile {
    typedef  type;
  };

  template <class T>
  using add_volatile_t = typename add_volatile<T>::type; // C++14
}

概要

型をvolatile修飾する。

効果

add_volatileは、型Tvolatile修飾を付加した型を、メンバ型typeとして定義する。
Tが参照、関数、すでに最上位がvolatile修飾された型である場合は、型Tをそのままメンバ型typeとして定義する。

#include <type_traits>

static_assert(std::is_same<std::add_volatile<int>::type, volatile int>::value, "transform int to volatile int");
static_assert(std::is_same<std::add_volatile<int&>::type, int&>::value, "transform int& to int&");
static_assert(std::is_same<std::add_volatile<int*>::type, int* volatile>::value, "transform int* to int* volatile");
static_assert(std::is_same<std::add_volatile<volatile int>::type, volatile int>::value, "transform volatile int to volatile int");

int main() {}

出力

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照