最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function template
<utility>

std::forward(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  T&& forward(typename remove_reference<T>::type& t) noexcept;            // (1) C++11

  template <class T>
  constexpr T&& forward(typename remove_reference<T>::type& t) noexcept;  // (1) C++14

  template <class T>
  T&& forward(typename remove_reference<T>::type&& t) noexcept;           // (2) C++11

  template <class T>
  constexpr T&& forward(typename remove_reference<T>::type&& t) noexcept; // (2) C++14
}

概要

関数テンプレートの引数を転送する。

この関数は、渡された引数をT&&型にキャストして返す。(注:Tが左辺値参照の場合にはT&&も左辺値参照になり、それ以外の場合にT&&は右辺値参照になる。)

この関数は、主に転送関数(forwarding function)の実装を単純化する目的で使われる:

template <class... Args>
void forward_to_f(Args&&... args)
{
  f(std::forward<Args>(args)...);
}

この関数に渡した引数は、多くのケースにおいて右辺値参照にキャストされ、ムーブされることに注意すること。同じ引数に対して二回以上関数を呼び出しを行いたい場合は、std::forward()は使ってはならない:

template <class T>
void bad(T&& x)
{
  f(std::forward<T>(x));  // xはここでムーブされるかもしれないので
  g(std::forward<T>(x));  // この関数呼び出しは予想外の結果になる可能性がある
}

template <class T>
void good(T&& x)
{
  f(x);                   // まだ使う場合は転送は行わず、
  g(std::forward<T>(x));  // 最後に使うときのみ転送すれば安全
}

戻り値

static_cast<T&&>(t)

例外

投げない

備考

  • (2) : この形式が左辺値参照の型に対して呼ばれた場合、プログラムは不適格である。(例: std::forward<int&>(1) は不適格)

#include <memory>
#include <utility>

template <class T, class A1, class A2>
std::shared_ptr<T> factory(A1&& a1, A2&& a2) {
  return std::shared_ptr<T>(new T(std::forward<A1>(a1), std::forward<A2>(a2)));
}

struct A {
  A(int&, const double&) {}
};

int main()
{
//std::shared_ptr<A> sp1 = factory<A>(2, 1.414);  // error: 2 will not bind to int&

  int i = 2;
  std::shared_ptr<A> sp2 = factory<A>(i, 1.414);  // OK
}

出力

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照