最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<vector>

std::vector::capacity

size_type capacity() const;

概要

メモリを再確保せずに格納できる最大の要素数を取得する

戻り値

メモリの再確保をすることなく保持することができる最大の要素数

#include <iostream>
#include <vector>

int main()
{
  // 確保した領域を確認
  {
    std::vector<int> v;
    v.reserve(3);

    std::size_t cap = v.capacity();
    std::cout << cap << std::endl;
  }

  // 要素を削除しただけでは領域は解放されない
  {
    std::vector<int> v = {3, 1, 4};
    v.erase(v.begin());

    std::size_t cap = v.capacity();
    std::cout << cap << std::endl;
  }
}

出力例

3
3