最終更新日時:
が更新

履歴 編集

スタイル

本サイトで作業を行う上でのスタイルです。

  • 「である」調
  • 句読点は「、」「。」

型修飾のスタイル:

  • A) const T &v
  • B) const T& v
  • C) const T & v
  • D) T const &v
  • E) T const& v
  • F) T const & v

本サイトでは、Bのスタイルで型修飾を行います。

バージョンの表記

言語

C++11以降対応についてはC++11と明記します。バージョン表記が省略されている場合、C++03、C++98対応であることを表します。

  • C++11
  • C++03
  • C++98

処理系

開発環境の表記がない場合は、C++98対応のあらゆる環境で使用できるものとします。 「GCC 4.5.0 -std=c++0xオプション」ではなく「GCC, C++11 mode: 4.5.0」とするなど。 処理系の記載は、作業者が確認できたものを記載します。

  • Clang: 2.1, 2.8
  • GCC: 3.4.6, 4.2.1, 4.2.4, 4.3.4, 4.3.5, 4.4.0, 4.4.1, 4.4.3, 4.4.4, 4.4.5, 4.5.1, 4.5.2, 4.6.0, 4.6.1
  • GCC, C++11 mode: 4.3.4, 4.4.3, 4.4.4, 4.5.2
  • IBM XL C/C++ Enterprise Edition, V11.1.0.0
  • Intel: 10.1, 11.0, 11.1, 12.0
  • PathScale: 3.2
  • QCC
  • Visual C++ 7.1, 9.0, 10.0
  • pgCC: 11.2

それと、訳語表を随時更新していってください。

訳語表

英語 日本語
aggregate 集成体型
alignment アライメント (表示位置ではなくメモリの文脈)
apply, application 適用
arithmetic type 算術型
associative container(s) 連想コンテナ
bidirectional iterator 双方向イテレータ
bucket バケット
complexity 計算量
compound type 複合型
const iterator 読み取り専用イテレータ
const reverse iterator 読み取り専用逆イテレータ
dereference 間接参照
dereferenceable 間接参照可能
effects 効果
emplace 直接構築
empty
equivalence relation 等価関係
forward iterator 前方向イテレータ
fundamental type 単純型
ill-formed 不適格
implementation-defined 処理系定義
input iterator 入力イテレータ
iterator イテレータ
literal type リテラル型
load factor 負荷率
lvalue reference 左辺値参照
max load factor 最大負荷率
move (std::move 的な意味で)ムーブ
move assignment ムーブ代入
move constructor ムーブコンストラクタ
mutable iterator 可変イテレータ
note
output iterator 出力イテレータ
overload オーバーロード
partition 区分化
polymorphic 多相的
predicate 述語
random access iterator ランダムアクセスイテレータ
range 範囲
remarks 備考
requires 要件
returns 戻り値
reverse iterator 逆イテレータ
rvalue reference 右辺値参照
sequence container(s) シーケンスコンテナ
Spurious Failure 見かけ上の失敗
https://togetter.com/li/430770
strict weak ordering 狭義の弱順序
synchronization 同期
total ordering relationalship 全順序関係
trailing return type 後置戻り値型
trait トレイト
unordered associative container(s) 非順序連想コンテナ
unspecified 未規定
well-formed 適格

処理系のC++11対応状況の調べ方