最終更新日時:
が更新

履歴 編集

範囲for文(C++11)

概要

範囲for文(The range-based for statement)は配列やコンテナを簡潔に扱うためのfor文の別表現である。

範囲for文が便利な例として、コンテナの各要素を処理するループを挙げる。

C++03のfor文では以下のように書ける:

std::vector<int> v;

for (std::vector<int>::const_iterator it = v.begin(), e = v.end(); it != e; ++it) {
  std::cout << *it << std::endl;
}

ループ内の処理と直接関係のない変数(イテレータやポインタ)が出現し、ループ条件も加わりfor文が長くなりがちである。

C++11の範囲for文を使うと以下のように書ける:

std::vector<int> v;

for (const auto& e : v) {
  std::cout << e << std::endl;
}

変数宣言には直接コンテナ内の要素の型(上記の例であればconst int& eなど)を書いても良いし、型推論autoを使うと、さらに簡潔に書ける。

変数宣言にconst参照const auto& eを書くとコンテナ内の要素の変更を禁止し、要素のコピーも行わない。参照auto& eを書くと、コンテナ内の要素を変更できる。実体auto eを書くと各要素がコピーコンストラクタによってコピーされてからfor文に渡される。

変数宣言 e を変更可能か? コンテナ内の要素を変更可能か?
const auto& e No No
auto& e Yes Yes
auto e Yes No

仕様

範囲for文は配列または、begin()およびend()で表される範囲内の全ての要素に対して、処理を実行する。

範囲for文は以下の構文を持つ:

for ( for-range-declaration : for-range-initializer ) statement

for-range-declarationには変数宣言を書く。ここで宣言した変数に範囲内の要素が先頭から終端まで順番に代入される。

for-range-initializerにはfor文が処理すべき範囲を表す値を書く。

値の型が配列の場合、配列のサイズが分かるものでなければエラーとなる。値の型が配列以外(クラスなど)の場合、begin()end()で範囲の先頭と終端が表せるものでなければエラーとなる。

語弊を恐れず言えば、メンバ関数にbegin()およびend()を持つクラスであれば、何でも範囲for文の範囲として指定できる。

従って標準コンテナのみならず、ユーザ定義のクラスに対しても範囲for文を適用可能である。

C++03のfor文と異なりセミコロンではなくコロンで区切ることに注意する。

範囲for文に配列以外の型を範囲として渡したとき、以下のように展開される:

{
  auto && __range = range-init;

  for (auto __begin = begin(__range), __end = end(__range); __begin != __end; ++__begin) {
    for-range-declaration = *__begin;

    statement
  }
}

従って概要で挙げた例は以下のように展開される:

for (const auto& e : vec) {
  std::cout << e << std::endl;
}

{
  auto && __range = vec;

  for (auto __begin = begin(__range), __end = end(__range); __begin != __end; ++__begin) {
    const auto& e = *__begin;

    std::cout << e << std::endl;
  }
}

展開されたコード内のbegin()end()が正確に何を呼びだすかについては、引数依存の名前検索(argument-dependent name lookup; ADL)を参照のこと。

#include <iostream>
#include <vector>

class my_container {
public:
  int *begin() {
    return &buf[0];
  }
  int *end() {
    return &buf[5];
  }

private:
  int buf[5] = {21, 22, 23, 24, 25};
};

int main()
{
  //配列に対して範囲for文を使う
  int array[5] = {1, 2, 3, 4, 5};

  std::cout << "For int[5]: " << std::endl;
  for (auto& e : array) {
    std::cout << "  " << e << std::endl;
  }

  //標準コンテナに対して範囲for文を使う
  std::vector<int> vec = {10, 11, 12, 13};

  std::cout << "For std::vector<int>: " << std::endl;
  for (auto& e : vec) {
    std::cout << "  " << e << std::endl;
  }

  //ユーザ定義のクラスに対して範囲for文を使う
  my_container mc;

  std::cout << "For my_container: " << std::endl;
  for (auto& e : mc) {
    std::cout << "  " << e << std::endl;
  }

  return 0;
}

出力

For int[5]:
  1
  2
  3
  4
  5
For std::vector<int>:
  10
  11
  12
  13
For my_container:
  21
  22
  23
  24
  25

関連項目

参照