最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<atomic>

std::atomic::operator=(C++11)

atomic& operator=(const atomic&) = delete;
atomic& operator=(const atomic&) volatile = delete;

T operator=(T desired) volatile noexcept;
T operator=(T desired) noexcept;

概要

値を書き込む

効果

store(desired)

戻り値

desired

例外

投げない

#include <iostream>
#include <atomic>

int main()
{
  std::atomic<int> x(1);

  x = 2;

  std::cout << x.load() << std::endl;
}

出力

2

バージョン

言語

  • C++11

処理系

  • Clang: ??
  • GCC: ??
  • GCC, C++11 mode: 4.7.0
  • ICC: ??
  • Visual C++: 11.0, 12.0
    • Visual C++ 11.0はコピー代入演算子のdeleteに対応していないため、代わりにprivateで宣言のみ行う手法で代用されている。

参照