最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function template
<atomic>

std::atomic_fetch_sub(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  T atomic_fetch_sub(
      volatile atomic<T>* object,
      T operand) noexcept;                                   // (1) C++11

  template <class T>
  T atomic_fetch_sub(
      volatile atomic<T>* object,
      typename atomic<T>::difference_type operand) noexcept; // (1) C++17

  template <class T>
  T atomic_fetch_sub(
      atomic<T>* object,
      T operand) noexcept;                                   // (2) C++11

  template <class T>
  T atomic_fetch_sub(
      atomic<T>* object,
      typename atomic<T>::difference_type operand) noexcept; // (2) C++17
}

概要

アトミックに減算を行う

要件

  • C++17 : 型Tがオブジェクト型であること。型Tvoid*や関数ポインタであってはならない

効果

memory_order_seq_cstのメモリオーダーにしたがって、現在の値にoperandを減算した値でアトミックに置き換える

戻り値

変更前の値が返される

例外

投げない

備考

符号付き整数型に対しては、2の補数表現による演算が行われ、未定義動作はない。アドレス型に関しては結果として未定義アドレスになる場合があるが、それ以外の未定義動作はない。

#include <iostream>
#include <atomic>

int main()
{
  std::atomic<int> x(3);

  int before = std::atomic_fetch_sub(&x, 2);

  std::cout << before << std::endl;
  std::cout << x.load() << std::endl;
}

出力

3
1

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照