最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function template
<atomic>

std::atomic_store(C++11)

namespace std {
  template <class T>
  void atomic_store(volatile atomic<T>* object,
                    T desired) noexcept;                              // (1) C++11

  template <class T>
  void atomic_store(volatile atomic<T>* object,
                    typename atomic<T>::value_type desired) noexcept; // (1) C++17

  template <class T>
  void atomic_store(atomic<T>* object,
                    T desired) noexcept;                              // (2) C++11

  template <class T>
  void atomic_store(atomic<T>* object,
                    typename atomic<T>::value_type desired) noexcept; // (2) C++17
}

概要

アトミックに値を書き込む

効果

memory_order_seq_cstのメモリオーダーにしたがって、objectが指す値をdesiredでアトミックに置き換える。 この関数は、戻り値のないatomic_exchange()と見なせる。

戻り値

なし

例外

投げない

備考

この関数は、特殊化されたatomic型に対して定義される。

#include <iostream>
#include <atomic>

int main()
{
  std::atomic<int> x(3);

  // 2を書き込む
  std::atomic_store(&x, 2);

  std::cout << x.load() << std::endl;
}

出力

2

バージョン

言語

  • C++11

処理系

参照