最終更新日時:
が更新

履歴 編集

macro
<cfenv>

FE_INEXACT(C++11)

# define FE_INEXACT implementation-defined

概要

浮動小数点数の演算が不正確な結果となったことを表す浮動小数点例外の種類。

このマクロは、浮動小数点例外の状態を表すビット値である。他の浮動小数点例外マクロとAND (&) や OR (|)を使用して、複数のマクロを組み合わせて使用できる。

#include <iostream>
#include <cfenv>

int main()
{
  // 整数に収まらない浮動小数点数から整数への変換
  int result = 1.2f;
  if (std::fetestexcept(FE_INEXACT)) {
    std::cout << "raised inexact" << std::endl;
  }
  else {
    std::cout << "no error" << std::endl;
  }
}

出力例

raised inexact

バージョン

言語

  • C++11

処理系

  • Clang, C++11 mode: 3.0
  • GCC, C++11 mode: 4.3.0
  • ICC: ??
  • Visual C++: 12.0, 14.0
    • コンパイルオプション/fp:strictまたは#pragma fenv_access (on)が必要。さもなくば、正しく動作しないおそれがある。