最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<cfenv>

std::fegetexceptflag(C++11)

namespace std {
  int fegetexceptflag(fexcept_t *flagp, int excepts);
}

概要

浮動小数点例外の現在の状態を、実装定義の表現で取得する。

この関数は、現在発生している浮動小数点例外のうち、指定された例外の集合のみを抽出して、実装定義の表現に変換して返す。

効果

ビット演算のORで複数指定された浮動小数点例外の種類exceptsの例外発生状態を、実装定義の表現に変換してflagpに書き込んで返す。

戻り値

実装定義の表現への変換および書き込みに成功したら0、そうでなければ0以外の値を返す。

// 標準C++の浮動小数点例外を、
// Visual C++での浮動小数点例外の形式に変換する
#include <iostream>
#include <cfenv>

int main()
{
  float a = 1.0f;
  float b = 0.0f;
  float result = a / b;

  std::fexcept_t excepts = 0;
  std::fegetexceptflag(&excepts, FE_ALL_EXCEPT);

  if (excepts & _SW_ZERODIVIDE)
  {
    std::cout << "zero divided" << std::endl;
  }
}

出力例

zero divided

バージョン

言語

  • C++11

処理系

  • Clang, C++11 mode: 3.0
  • GCC, C++11 mode: 4.3.0
  • ICC: ??
  • Visual C++: 12.0, 14.0
    • コンパイルオプション/fp:strictまたは#pragma fenv_access (on)が必要。さもなくば、正しく動作しないおそれがある。