最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class template
<chrono>

std::chrono::treat_as_floating_point(C++11)

namespace std {
namespace chrono {
  template <class Rep>
  struct treat_as_floating_point
    : is_floating_point<Rep> { };
}}

概要

treat_as_floating_pointは、テンプレートパラメータRepが浮動小数点型かを判定するトレイトである。

durationクラスにおいて、他のdurationの型から変換可能な型かどうかを判定するために使用される。treat_as_floating_point<Rep>::value == trueの場合に、変換可能である。

#include <cassert>
#include <chrono>

using namespace std::chrono;

int main()
{
  // floating point Rep
  static_assert(
    treat_as_floating_point<duration<double, std::ratio<1, 30>>::rep>::value,
    "duration<double, ratio<1, 30>> > can't become floating point"
  );

  // integer Rep
  static_assert(
    !treat_as_floating_point<milliseconds::rep>::value,
    "seconds can't become floating point"
  );
}

出力

バージョン

言語

  • C++11

処理系