最終更新日時:
が更新

履歴 編集

<chrono>

chrono(C++11)

<chrono>ヘッダは、時間に関するユーティリティとして機能する関数・クラスを提供する。このヘッダに含まれる関数・クラスは、std::chrono名前空間で定義される。

時間を表す型

名前 説明 対応バージョン
duration 時間の間隔(class template) C++11
time_point 時間軸上の一点(class template) C++11
treat_as_floating_point duration内部表現の型が浮動小数点型かを判定するためのトレイト(class template) C++11
duration_values duration内部表現の特別な値を取得するためのトレイト(class template) C++11
duration_cast 分解能の低いdurationへの変換 C++11
time_point_cast 分解能の低いdurationを内部表現に持つtime_pointへの変換 C++11

時間の単位を表す型

名前 説明 対応バージョン
nanoseconds ナノ秒を表現するためのdurationの別名(type-alias) C++11
microseconds マイクロ秒を表現するためのdurationの別名(type-alias) C++11
milliseconds ミリ秒を表現するためのdurationの別名(type-alias) C++11
seconds 秒を表現するためのdurationの別名(type-alias) C++11
minutes 分を表現するためのdurationの別名(type-alias) C++11
hours 時を表現するためのdurationの別名(type-alias) C++11

時計型

名前 説明 対応バージョン
system_clock システム時間のクロック(class) C++11
steady_clock 時間が逆行しないクロック(class) C++11
high_resolution_clock 高分解能クロック(class) C++11

バージョン

言語

  • C++11

参照