最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class
<chrono>

std::chrono::high_resolution_clock(C++11)

namespace std {
namespace chrono {
  class high_resolution_clock;
}}

概要

high_resolution_clockは、そのプラットフォームでの最も短い間隔のクロックである。

このクラスは、system_clocksteady_clockの別名として定義される場合がある。

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
now 現在日時の取得 C++11

メンバ型

名前 説明 対応バージョン
rep 時間間隔の内部表現となる算術型 C++11
period 時間の周期を表すratio C++11
duration 時間間隔の型 C++11
time_point 時間の一点を指す型 C++11

メンバ定数

名前 説明 対応バージョン
static const bool is_steady 逆行しないクロックかどうかを表すbool値。値は未規定。 C++11まで
static constexpr bool is_steady 逆行しないクロックかどうかを表すbool値。値は未規定。 C++14から

#include <chrono>
#include <iostream>
#include <thread>

using namespace std::chrono;

int main()
{
  // 1. 現在日時を取得
  high_resolution_clock::time_point begin = high_resolution_clock::now();

  // 2. 時間のかかる処理...
  std::this_thread::sleep_for(seconds(3));

  // 3. 現在日時を再度取得
  high_resolution_clock::time_point end = high_resolution_clock::now();

  // 経過時間を取得
  seconds elapsed_time = duration_cast<seconds>(end - begin);
  std::cout << elapsed_time.count() << "秒" << std::endl;
}

出力例

3秒

バージョン

言語

  • C++11

処理系

  • GCC, C++11 mode: 4.6.1
  • Visual C++: 11.0, 12.0, 14.0
    • 14.0でsteady_clockの別名に実装が変更された。これはWindows APIのQueryPerformanceCounter関数を使用した実装である。

参照