最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<chrono>

std::chrono::duration_cast(C++11)

namespace std {
namespace chrono {
  template <class ToDuration, class Rep, class Period>
  constexpr ToDuration duration_cast(const duration<Rep, Period>& d);
}}

概要

分解能が低いdurationへの変換

戻り値

テンプレートパラメータToDurationで指定された型に変換されたduration

#include <iostream>
#include <chrono>

using namespace std::chrono;

int main()
{
  milliseconds ms(1100);
//seconds s = ms;                         // error! 変換できない
  seconds s = duration_cast<seconds>(ms); // OK

  std::cout << s.count() << std::endl;
}

出力

1

バージョン

言語

  • C++11

処理系