最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<chrono>

std::chrono::system_clock::to_time_t(C++11)

static time_t to_time_t(const time_point& t) noexcept;

概要

system_clocktime_pointからtime_t型に変換する。

戻り値

パラメータtと同じ時間を指すtime_tを返す。

time_pointの精度がtime_tよりも高い場合は、time_tの精度に切り捨てられる。

例外

投げない

#include <iostream>
#include <chrono>
#include <ctime>

using namespace std::chrono;

int main()
{
  system_clock::time_point p = system_clock::now();

  std::time_t t = system_clock::to_time_t(p);
  std::cout << std::ctime(&t) << std::endl;
}

出力例

Tue Sep 27 14:21:13 2011

バージョン

言語

  • C++11

処理系