最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<chrono>

std::chrono::year_month_day::operator+=(C++20)

constexpr year_month_day& operator+=(const months& m) noexcept; // (1) C++20
constexpr year_month_day& operator+=(const years& y) noexcept;  // (2) C++20

概要

year_month_dayの値に対して加算の複合代入を行う。

  • (1) : 月の時間間隔を加算する
  • (2) : 年の時間間隔を加算する

パラメータの型が、カレンダー時間のmonthyearではなく、時間間隔を表すmonthsyearsであることに注意。

効果

  • (1) : *this = *this - m
  • (2) : *this = *this - y

戻り値

  • (1), (2) : *this

例外

投げない

#include <iostream>
#include <chrono>

namespace chrono = std::chrono;
using namespace std::chrono_literals;

int main()
{
  chrono::year_month_day date = 2020y/3/1;

  date -= chrono::months{1}; // 1ヶ月戻す
  date -= chrono::years{1};  // 1年戻す

  std::cout << date << std::endl;
}

出力

2019-02-01

バージョン

言語

  • C++20

処理系

  • Clang: 8.0
  • GCC: (9.2時点で実装なし)
  • Visual C++: (2019 Update 3時点で実装なし)