最終更新日時:
が更新

履歴 編集

<ios>

ios

<ios>ヘッダでは、入出力処理共通の基底クラスやマニピュレータ(の実体である関数)などが定義されている。

型と関数(マニピュレータを除く)

名前 説明 対応バージョン
streamoff ファイルサイズの表現に適した符号付き整数型 (typedef)
streamsize 入出力操作のバイト数などの表現に適した符号付き整数型 (typedef)
fpos ストリーム上の位置を表現する型 (class template)
ios_base 入出力の最基底クラス (class)
basic_ios 入出力共通の基底クラス (class template)
io_errc 入出力のエラー値 (enum class) C++11
is_error_code_enum io_errcをエラーコードとして扱うための特殊化 (class template) C++11
make_error_code io_errcからerror_codeを生成する (function) C++11
make_error_condition io_errcからerror_conditionを生成する (function) C++11
iostream_category io_errcのためのエラーカテゴリを取得する (function) C++11

マニピュレータ

名前 説明 対応バージョン
boolalpha bool値を文字列として入出力させる
noboolalpha bool値を数値表記で入出力させる
showbase 基数などを表すプレフィックスを出力させる
noshowbase 基数などを表すプレフィックスを出力させない
showpoint 小数点を常に出力させる
noshowpoint 小数点を不要なら出力させない
showpos 正符号を出力させる
noshowpos 正符号を出力させない
skipws 書式入力操作前に空白を読み飛ばさせる
noskipws 書式入力操作前の空白の読み飛ばしを行わない
uppercase 英大文字の表記で出力
nouppercase 英小文字の表記で出力
unitbuf 出力操作の都度バッファを吐き出す
nounitbuf 出力操作を終えても必要に応じてバッファに蓄える
internal 両端揃え
left 左揃え
right 右揃え
dec 十進法で入出力(整数)
hex 十六進法で入出力(整数)
oct 八進法で入出力(整数)
fixed 小数点数表記で出力(浮動小数点数)
scientific 指数表記で出力(浮動小数点数)
hexfloat 十六進法での指数表記で出力(浮動小数点数) C++11
defaultfloat 小数点数・指数表記の自動切り替え(浮動小数点数) C++11

バージョン

言語

  • C++98