最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class
<ios>

std::ios_base

namespace std {
  class ios_base;
}

概要

ios_baseは入出力クラスの基底となるクラスである。すべてのクラスで共通の処理や定数などが定義されている。

メンバ関数

構築・破棄・代入

名前 説明 対応バージョン
(constructor) コンストラクタ
(destructor) デストラクタ
operator= 代入演算子

なお、コピーコンストラクタとコピー代入演算子はdelete定義されている。 C++03では、delete定義の代わりにprivateで宣言のみされていた。

書式化

名前 説明 対応バージョン
flags 書式フラグの取得・設定
setf 書式フラグの設定
unsetf 書式フラグの解除
precision 浮動書数点数精度の取得・設定
width フィールド幅の取得・設定

ロケール

名前 説明 対応バージョン
imbue ロケールの設定
getloc ロケールの取得

記憶域

名前 説明 対応バージョン
iword 整数値の記憶域への参照の取得
pword ポインタ値の記憶域への参照の取得

コールバック

名前 説明 対応バージョン
register_callback コールバックの登録

静的メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
sync_with_stdio stdioとの同期の設定
xalloc 私用記憶域を予約する

メンバ型

名前 説明 対応バージョン
failure エラー
fmtflags 書式フラグ
iostate 入出力オブジェクトの状態
openmode ストリームを開く際のモード
seekdir シーク時の起点の指定
Init 標準入出力オブジェクトの初期化・後処理の管理
event コールバックイベントの種類
event_callback コールバック関数

参照

  • basic_ios: ios_baseから派生するクラステンプレート