最終更新日時:
が更新

履歴 編集

typedef
<ios>

std::ios_base::seekdir

typedef T4 seekdir;

T4 は処理系定義の型。

概要

seekdir はストリームのシークの起点を指定するための列挙型である。
seekdir には以下の表のような値が存在し、全て ios_base の静的メンバ定数として定義されている。

定数 意味
beg ストリームの先頭を基準にシークするように要求する。(begin の略)
cur ストリームの現在位置を基準にシークするように要求する。(current の略)
end ストリームの現在の終端を基準にシークするように要求する。

stringstream の例

#include <iostream>
#include <sstream>

void seek(std::ios_base::seekdir dir)
{
  std::ostringstream oss("cpprefjp", std::ios_base::out);
  oss << "ABC" << std::flush;
  oss.seekp(0, dir);
  oss << "YZ" << std::flush;
  std::cout << oss.str() << '\n';
}

int main()
{
  seek(std::ios_base::beg);
  seek(std::ios_base::cur);
  seek(std::ios_base::end);
}

出力

YZCrefjp
ABCYZfjp
ABCrefjpYZ

fstream の例

#include <iostream>
#include <fstream>
#include <string>

void seek(std::ios_base::seekdir dir)
{
  static const char filename[] = "test.txt";

  {
    std::fstream ofs(filename, std::ios_base::out);
    ofs << "cpprefjp";
  }
  {
    std::ofstream ofs(filename, std::ios_base::in | std::ios_base::out);
    ofs << "ABC" << std::flush;
    ofs.seekp(0, dir);
    ofs << "YZ" << std::flush;
  }
  {
    std::string s;
    std::ifstream ifs(filename, std::ios_base::in);
    ifs >> s;
    std::cout << s << '\n';
  }
}

int main()
{
  seek(std::ios_base::beg);
  seek(std::ios_base::cur);
  seek(std::ios_base::end);
}

出力

YZCrefjp
ABCYZfjp
ABCrefjpYZ

上記の例で、入力しないにもかかわらず openmodein が付いているのは、in が無い場合には trunc を指定していなくてもファイルが切り詰められてしまうからである。

バージョン

言語

  • C++98

処理系

  • Clang: 3.0, 3.1, 3.2, 3.3, 3.4, 3.5.0, 3.6.0, 3.7.0, 3.8.0
  • GCC: 4.3.6, 4.4.7, 4.5.4, 4.6.4, 4.7.3, 4.8.1, 4.8.2, 4.9.0, 4.9.1, 4.9.2, 5.1.0, 5.2.0, 6.0.0
  • ICC: ??
  • Visual C++: ??