最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<ios>

std::ios_base::コンストラクタ

protected:
  ios_base();                               // (1)
private:
  ios_base(const ios_base&);                // (2) 宣言のみ、C++03 まで
public:
  ios_base(const ios_base&) = delete;       // (2) C++11 から

概要

オブジェクトを構築する。

効果

  • (1) デフォルトコンストラクタ。
    構築が完了した時点では、本オブジェクトの各メンバの値は不定である。
    本オブジェクトの各メンバは、初めて使用する時かデストラクタが呼ばれる時のいずれか早い方の前までに basic_ios::init を呼び出して初期化しなければならない。
    さもなければ、未定義動作となる。
  • (2) コピーコンストラクタ。コピー構築不可。
    ios_base オブジェクトをコピー構築することはできない。

備考

  • コンストラクタが protected であることからも分かるとおり、ios_base は直接使用するのではなく継承されることを想定している。
    通常は、ios_base、あるいは、その直接の派生クラスである basic_ios を直接継承するのではなく、basic_istreambasic_ostreambasic_iostream のいずれかを継承することになるだろう。
  • コピーコンストラクタは private で未定義(C++03 まで)、あるいは、publicdelete(C++11 から)である。
    (いずれにせよコピーすることはできないが、publicdelete の方が誤ってコピーしようとした際のエラーメッセージが分かりやすいため、変更されている)
  • コピーコンストラクタが宣言されているため、ムーブコンストラクタも自動生成されない。

バージョン

言語

  • C++98

処理系

  • Clang: 3.0, 3.1, 3.2, 3.3, 3.4, 3.5.0, 3.6.0, 3.7.0, 3.8.0
  • GCC: 4.3.6, 4.4.7, 4.5.4, 4.6.4, 4.7.3, 4.8.1, 4.8.2, 4.9.0, 4.9.1, 4.9.2, 5.1.0, 5.2.0, 6.0.0
  • GCC, C++11 mode: 5.1.0, 5.2.0, 6.0.0
  • ICC: ??
  • Visual C++: ??

参照