最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<ios>

std::ios_base::setf

fmtflags setf(fmtflags fmtfl);                      // (1)
fmtflags setf(fmtflags fmtfl, fmtflags mask);       // (2)

概要

書式フラグを設定する。

効果

  • (1) flags() に引数 fmtfl を設定する。flags(flags() | fmtfl) と同等。
  • (2) flags() から引数 mask をクリアした後、引数 fmtfl を設定する。flags((flags() & ~mask) | fmtfl) と同等。

戻り値

  • (1) 設定される前の書式フラグ
  • (2) 設定される前の書式フラグ

備考

  • (1) の形式は単独のビットで意味のあるフィールドに、(2) の形式は複数のビットで一つの意味を表すフィールドに用いる。(例を参照)
  • 設定後に戻す必要が無いような場合には、本関数より各種マニピュレータを使用した方が便利だろう。

#include <iostream>

int main()
{
  // (1) の形式
  // bool をアルファベット形式で出力
  std::ios_base::fmtflags old1 = std::cout.setf(std::ios_base::boolalpha);
  std::cout << true << '\n';
  std::cout.flags(old1);

  // (2) の形式
  // 16 進数に設定して出力
  std::ios_base::fmtflags old2 = std::cout.setf(std::ios_base::hex, std::ios_base::basefield);
  std::cout << 100 << '\n';
  std::cout.flags(old2);

  // マニピュレータを使用して上記とほぼ同等の設定をした例(ただし、設定が戻っているわけでは無い)
  std::cout << std::boolalpha << true << std::noboolalpha << '\n';
  std::cout << std::hex << 100 << std::dec << '\n';
}

出力

true
64
true
64

バージョン

言語

  • C++98

処理系

  • Clang: 3.0, 3.1, 3.2, 3.3, 3.4, 3.5.0, 3.6.0, 3.7.0, 3.8.0
  • GCC: 4.3.6, 4.4.7, 4.5.4, 4.6.4, 4.7.3, 4.8.1, 4.8.2, 4.9.0, 4.9.1, 4.9.2, 5.1.0, 5.2.0, 6.0.0
  • ICC: ??
  • Visual C++: ??

参照