最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<ios>

std::nounitbuf

namespace std {
  ios_base& nounitbuf(ios_base& str);
}

概要

unitbufの効果を取り消すことを指示するマニピュレータ。 これにより、出力操作のたびにバッファをフラッシュされる操作が行われなくなる。

効果

str.unsetf(std::ios_base::unitbuf)を実行する。

戻り値

実引数のstrオブジェクト。

備考

std::cerrstd::wcerrオブジェクトは、 初期状態としてstd::ios_base::unitbufが設定されている。

#include <iostream>

int main()
{
  std::cout << std::unitbuf << "test\n";
  std::cout << std::nounitbuf << "test\n";
}

出力

test
test

バージョン

言語

  • C++03

参照