最終更新日時:
が更新

履歴 編集

variable
<iostream>

std::cerr

namespace std {
  ostream cerr;
}

概要

cerrは、標準出力に対するマルチバイト出力ストリームオブジェクトである。 すなわち、<cstdio>stderrオブジェクトに結びつけられたストリームオブジェクトである。

clogと異なる点は、unitbufフラグが指定されていることである。そのため、出力操作のたびにバッファの吐き出しが行われる。

#include <iostream>
#include <vector>

int main()
{
  try
  {
    std::vector<int> v;
    v.at(42) = 1;
  }
  catch(const std::exception& e)
  {
    std::cerr << "問題発生: " << e.what() << std::endl;
  }
}

出力例

問題発生: invalid vector<T> subscript

出力内容は環境により異なる。

バージョン

言語

  • C++98

参照