最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class
<exception>

std::exception

namespace std {
  class exception;
}

概要

exceptionクラスは、標準ライブラリが提供する全ての例外クラスの基本クラスである。

標準ライブラリによって送出される例外オブジェクトのクラスは全て、このクラスから派生する。したがって、標準の例外は全てこのクラスで補足できる。

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
exception() noexcept;
exception(const exception&) noexcept;
コンストラクタ
virtual ~exception(); デストラクタ
exception& operator=(const exception&) noexcept; 代入演算子
virtual const char* what() const noexcept; 実装定義のエラー内容を取得する

#include <iostream>
#include <exception>
#include <stdexcept> // std::runtime_error

int main()
{
  try {
    bool is_error = true;
    if (is_error) { // なんらかのエラーが発生した
      throw std::runtime_error("error!"); // 例外送出
    }
  }
  catch (std::exception& e) {
    // 例外を補足
    // エラー理由を出力する
    std::cout << e.what() << std::endl;
  }
}

出力

error!

参照