最終更新日時:
が更新

履歴 編集

<exception>

exception

<exception>ヘッダでは、C++プログラムでの例外の扱いに関連した、いくつかのクラスと関数を定義する。

名前 説明 対応バージョン
exception 標準例外の基本クラス(class)
bad_exception 関数で例外の型を制限し、指定外の方が送出された場合に発生させる(class)
nested_exception 例外構造をネストさせる場合に利用する例外クラス(class) C++11
set_unexpected 予想外の例外が発生した場合の処理を行う関数を設定する(function) C++11から非推奨
C++17で削除
get_unexpected 予想外の例外が発生した場合の処理を行う関数を取得する(function) C++11
C++11から非推奨
C++17で削除
unexpected 予想外の例外が発生した場合の処理を呼び出す(function) C++11から非推奨
C++17で削除
set_terminate 例外が処理されなかった場合の処理を行う関数を設定する(function)
get_terminate 例外が処理されなかった場合の処理を行う関数を取得する(function)
terminate 例外が処理されなかった場合の処理を行う関数を呼び出す(function)
uncaught_exception 例外処理中かを判別する(function)
exception_ptr 例外格納用ポインタ(type-alias) C++11
current_exception 現在処理中の例外オブジェクトを指す例外ポインタを取得する(function) C++11
rethrow_exception 例外ポインタが指す例外を送出する(function) C++11
make_exception_ptr 例外ポインタを作成する(function) C++11
throw_with_nested 現在の例外を入れ子にした例外を送出する(function) C++11
rethrow_if_nested 入れ子になった例外が存在する場合に、入れ子になった例外を送出する(function) C++11