最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function
<exception>

std::uncaught_exceptions(C++17)

namespace std {
  int uncaught_exceptions() noexcept; // C++17
}

概要

キャッチされていない例外の数を取得する。

戻り値

呼び出された時点での、スローされたがキャッチされていない例外オブジェクトの数を取得する。

具体的には、tryブロック中で作られたオブジェクトのデストラクタや、スタック巻き戻し(unwind)中のデストラクタで1以上になる。

例外

投げない

#include <iostream>
#include <exception>

struct CheckExcept {
  ~CheckExcept() {
    std::cout << std::uncaught_exceptions() << std::endl;
  }
};

struct ThrowAgain {
  ~ThrowAgain() {
    try {
      CheckExcept two{};

      std::cout << "throw exception 2" << std::endl;
      throw std::exception{};
    } catch(...) {
      std::cout << "catch exception 1" << std::endl;
    }
  }
};

int main() {
  CheckExcept zero{};

  try {
    CheckExcept one{};
    ThrowAgain two{};

    std::cout << "throw exception 1" << std::endl;
    throw std::exception{};
  } catch(...) {
    std::cout << "catch exception 2" << std::endl;
  }
}

出力

throw exception 1
throw exception 2
2
catch exception 1
1
catch exception 2
0

バージョン

言語

  • C++17

処理系

参照