最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<ios>

std::ios_base::failure::what

virtual const char* what() const throw();                   // C++03 まで

概要

メッセージを取得する。

戻り値

例外を作成した際に指定されたメッセージをヌル終端文字列で返す。

備考

一見 C++11 で what() が無くなっているように見えるが、system_error::what() を継承しているため、メンバ関数自体は使用可能である。
ただし、例外を作成した際に指定したメッセージと完全一致はしないので注意。

#include <iostream>

int main()
{
  std::ios_base::failure f("error message");
  std::cout << f.what() << std::endl;
}

出力

error message

バージョン

言語

  • C++98

処理系

  • Clang: 3.0, 3.1, 3.2, 3.3, 3.4, 3.5.0, 3.6.0, 3.7.0, 3.8.0
  • GCC: 4.3.6, 4.4.7, 4.5.4, 4.6.4, 4.7.3, 4.8.1, 4.8.2, 4.9.0, 4.9.1, 4.9.2, 5.1.0, 5.2.0, 6.0.0
  • GCC, C++11 mode: 5.1.0, 5.2.0, 6.0.0
  • ICC: ??
  • Visual C++: ??

備考

  • GCC 5.1.0 以降では、単に C++03 モードにしても strcmp(what(), msg.c_str()) == 0 にはならない。
    どうしても C++03 の挙動にしたい場合には、コンパイルオプションに -D_GLIBCXX_USE_CXX11_ABI=0 を指定する必要がある。
  • Clang では、C++03 モードでも strcmp(what(), msg.c_str()) == 0 にはならない。

参照