最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<ios>

std::ios_base::failure::コンストラクタ

explicit failure(const string& msg);                                            // (1) C++03 まで

explicit failure(const string& msg, const error_code& ec = io_errc::stream);    // (2) C++11 から

explicit failure(const char* msg, const error_code& ec = io_errc::stream);      // (3) C++11 から

概要

ios_base::failure オブジェクトを構築する。

効果

  • (1) strcmp(what(), msg.c_str()) == 0 となる ios_base::failure オブジェクトを構築する。
  • (2)、(3) 引数 msgec を用いて基底クラスを構築して、ios_base::failure オブジェクトを構築する。

C++03 までの例

#include <iostream>

int main()
{
  std::ios_base::failure f("error message");
  std::cout << f.what() << std::endl;
}

出力

error message

C++11 からの例

#include <iostream>
#include <system_error>

int main()
{
  std::ios_base::failure f1("error message");
  std::cout << f1.what() << std::endl;
  std::ios_base::failure f2("error message", std::make_error_code(std::errc::no_such_file_or_directory));
  std::cout << f2.what() << std::endl;
}

出力例

error message: unspecified iostream_category error
error message: No such file or directory

バージョン

言語

  • C++98

処理系

  • Clang: 3.0, 3.1, 3.2, 3.3, 3.4, 3.5.0, 3.6.0, 3.7.0, 3.8.0
  • GCC: 4.3.6, 4.4.7, 4.5.4, 4.6.4, 4.7.3, 4.8.1, 4.8.2, 4.9.0, 4.9.1, 4.9.2, 5.1.0, 5.2.0, 6.0.0
  • GCC, C++11 mode: 5.1.0, 5.2.0, 6.0.0
  • ICC: ??
  • Visual C++: ??

備考

  • GCC 5.1.0 以降では、単に C++03 モードにしても strcmp(what(), msg.c_str()) == 0 にはならない。
    マクロ _GLIBCXX_USE_CXX11_ABI0に設定すれば完全に C++03 の挙動になる。
    クラスページのバージョン欄の備考も参照。
  • Clang では、C++03 モードでも strcmp(what(), msg.c_str()) == 0 にはならない。

参照