最終更新日時:
が更新

履歴 編集

class
<system_error>

std::system_error(C++11)

namespace std {
  class system_error : public runtime_error;
}

概要

system_errorクラスは、OSのエラーを表現するerror_codeクラスのオブジェクトを包含した例外クラスである。

メンバ関数

名前 説明 対応バージョン
system_error(error_code ec, const string& what_arg);
system_error(error_code ec, const char* what_arg);
system_error(error_code ec);
system_error(int ev, const error_category& cat,
const string& what_arg);
system_error(int ev, const error_category& cat,
const char* what_arg);
system_error(int ev, const error_category& cat);
error_codeオブジェクト or エラー値 + エラーカテゴリとエラー理由の文字列からsystem_errorオブジェクトを生成する C++11
const error_code& code() const noexcept; 包含しているerror_codeオブジェクトへの参照を取得する C++11
virtual const char* what() const noexcept; メッセージを取得する メッセージ内容は実装依存だが、「what_arg + ": " + code().message()」という形式になると予想できる。 C++11

#include <iostream>
#include <system_error>
#include <string>

int main()
{
  try {
    std::error_code ec(static_cast<int>(std::errc::invalid_argument),
                       std::generic_category());

    throw std::system_error(ec, "system error!");
  }
  catch (std::system_error& e) {
    const std::error_code& ec = e.code();

    std::cout << ec.value() << std::endl;
    std::cout << e.what() << std::endl;
  }
}

出力例

22
system error!: Invalid argument

バージョン

言語

  • C++11

処理系