最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<ios>

std::basic_ios::setstate

void setstate(iostate state);

概要

現在の状態値を設定する。 現在の状態に、実引数で指定された値を加えた状態を新しい状態値とする。

効果

clear(rdstate() | state) を呼び出す。

結果として、exceptions() メンバ関数での設定に従い、ios_base::failure 例外が送出される可能性がある。

戻り値

なし

実装例

void setstate(iostate state) {
  clear(rdstate() | state);
}

バージョン

言語

  • C++98

参照