最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

<cstdio>

cstdio

<cstdio>ヘッダでは、標準入出力のための機能を定義する。これらの機能は、std名前空間に属することを除いてC言語の標準ライブラリ<stdio.h>ヘッダと同じである。

名前 説明 対応バージョン
size_t 符号なし整数型
FILE ストリームの制御に必要な情報を持つオブジェクト型
fpos_t ファイルの全ての位置にアクセスするための配列以外の完全オブジェクト型

マクロ

名前 説明 対応バージョン
NULL ヌルポインタ定数に展開されるマクロ
_IOFBF 入出力を完全にバッファリングする指定のための整数定数
_IOLBF 入出力を行バッファリングする指定のための整数定数
_IONBF 入出力をバッファリングしない指定のための整数定数
BUFSIZ バッファサイズを表す整数定数
EOF ファイルの終端であることを表すint型の整数定数
FOPEN_MAX 実装によって保証されるファイルを開ける最低限の数を表す整数定数
FILENAME_MAX 実装によって保証されるファイル名の最大の長さを表す整数定数
L_tmpnam tmpnam()関数によって作られた一時ファイル名を保持する似に必要な長さを表す整数定数
SEEK_SET ファイルの先頭位置を指定するための整数定数
SEEK_CUR ファイルの現在位置を指定するための整数定数
SEEK_END ファイルの終端を指定するための整数定数
TMP_MAX tempnam()関数によって生成できる一時ファイル名の、実装が保証する最低限の数を表す整数定数
strerr 標準エラーを表すFILE*型の式
strin 標準入力を表すFILE*型の式
strout 標準出力を表すFILE*型の式

ファイル操作

名前 説明 対応バージョン
remove ファイルを削除する
rename ファイル名を変更、ファイルを移動する
tmpfile 一時ファイルを生成する
tempname 一時ファイル名を生成する
fclose ファイルを閉じる
fopen ファイルを開く
fflush ファイルをフラッシュする
fprintf 書式を指定してファイルに出力する
fscanf 書式を指定してファイルから入力する
vfprintf 可変引数リストva_listを使用し、書式を指定してファイルに出力する
vfscanf 可変引数リストva_listを使用し、書式を指定してファイルから入力する C++17
fgetc ファイルから1文字入力する
fgets ファイルからN文字入力する
fputc ファイルに1文字出力する
fputs ファイルにN文字出力する
fread ファイルからN文字読み込む
fwrite ファイルにN文字書き込む
fgetpos ファイルの現在位置を取得する
fseek ファイルの現在位置を移動する
fsetpos ファイルの現在位置を設定する
ftell ファイルの現在位置を取得する
rewind ファイルの現在位置を先頭に戻し、エラーや終端判定をクリアする
clearerr エラーをクリアする
feof ファイルが終端に到達したか判定する
ferror ファイルストリームがエラー状態かを判定する
perror システムエラーメッセージを出力する

標準入出力

名前 説明 対応バージョン
printf 書式を指定して標準出力に出力する
scanf 書式を指定して標準入力から入力する
vprintf 可変引数リストva_listを使用し、書式を指定して標準出力に出力する
vscanf 可変引数リストva_listを使用し、書式を指定して標準入力から入力する
getc ストリームから1文字入力する
getchar 標準入力から1文字入力する
putc ストリームに1文字出力する
putchar 標準出力に1文字出力する
puts 標準出力に文字列を出力する
uungetc 入力ストリームに1文字戻す

文字列入出力

名前 説明 対応バージョン
snprintf 書式と文字数を指定して、文字列領域に出力する
sprintf 書式を指定して文字列領域に出力する
sscanf 書式を指定して文字列領域から入力する
vsnprintf 可変引数リストva_listを使用し、書式と文字数を指定して、文字列領域に出力する
vsprintf 可変引数リストva_listを使用し、書式を指定して文字列領域に出力する
vsscanf 可変引数リストva_listを使用し、書式を指定して文字列領域から入力する

バッファ操作

名前 説明 対応バージョン
serbuf 入出力用のバッファを設定する
setvbuf 戦略を指定して入出力用のバッファを設定する

参照