最終更新日時:
が更新

履歴 編集

function
<ios>

std::basic_ios::fill

char_type fill() const;                 // (1)

char_type fill(char_type fillch);       // (2)

概要

埋め文字を取得・設定する。

効果

  • (1) -
  • (2) 書式化出力の際に、設定されたフィールド幅にするために使用される埋め文字を、引数 fillch に設定する。

戻り値

  • (1) 書式化出力の際に、設定されたフィールド幅にするために使用される埋め文字。
  • (2) 設定される前の埋め文字。

備考

  • 設定後に戻す必要が無いような場合には、本関数よりマニピュレータ(setfill())を使用した方が便利だろう。
  • 埋め文字が使用される位置は、出力されるデータの型、ios_base::adjustfield の設定に依存する。
    ios_base::adjustfieldios_base::left、および、ios_base::right の場合には、型によらずそれぞれ値の右側、および、左側に出力される。
    ios_base::adjustfieldios_base::internal の場合、ほとんどの型では ios_base::right の場合と同様、値の左側に出力されるが、数値型の場合、符号・あるいは基数表示と数値の間に出力される。

#include <iostream>
#include <iomanip>

int main()
{
  char fillch = std::cout.fill('0');
  std::cout.width(5);
  std::cout << 10 << '\n';
  std::cout.fill(fillch);

  // マニピュレータを使った例
  std::cout << std::setfill('*') << std::setw(10) << 10 << '\n';
}

出力

00010
********10

バージョン

言語

  • C++98

参照