最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

function template
<iomanip>

std::setfill

namespace std {
  unspecified setfill(char_type c);
}

概要

埋め文字を設定する。

効果

このマニピュレータをストリームオブジェクトに適用することにより、以下の関数と同等の効果を持つ:

template<class charT, class traits>
void f(std::basic_ios<charT, traits>& str, charT c) {
  str.fill(c);
}

このマニピュレータは、出力ストリームにしか適用できない。

#include <iostream>
#include <iomanip>

int main()
{
  int i = 123;
  std::cout << std::setw(5)                      << i << std::endl;
  std::cout << std::setw(5) << std::setfill('0') << i << std::endl;
}

出力例

  123
00123