最終更新日時(UTC):
が更新

履歴 編集

<format>

format(C++20)

<format>ヘッダでは、書式文字列を使って引数をフォーマットする、いわゆるprintfスタイルのフォーマット関数を提供する。 このフォーマット関数は型安全であり、ユーザー定義型への拡張も可能である。

書式文字列についてはformatを参照。

フォーマット関数

名前 説明 対応バージョン
format 書式文字列を使って引数をフォーマットした文字列を返す (function template) C++20
format_to 書式文字列を使って引数をフォーマットし、出力イテレーターに出力する (function template) C++20
format_to_n 書式文字列を使って引数をフォーマットし、指定した文字数を超えないように出力イテレーターに出力する (function template) C++20
format_to_n_result format_to_nの結果を表す (class template) C++20
formatted_size 書式文字列を使って引数をフォーマットした文字列を保存するのに必要な文字数を返す (function template) C++20
vformat formatの非テンプレート版 (function) C++20
vformat_to format_toの非テンプレート版 (function) C++20

フォーマッター

名前 説明 対応バージョン
formatter 引数の型に対応する書式文字列の解析、値のフォーマットを担う (class template) C++20
basic_format_parse_context 書式文字列の解析のコンテキスト (class template) C++20
format_parse_context basic_format_parse_contextのマルチバイト文字列版 (type-alias) C++20
wformat_parse_context basic_format_parse_contextのワイド文字列版 (type-alias) C++20
basic_format_context 引数のフォーマットのコンテキスト (class template) C++20
format_context basic_format_contextのマルチバイト文字列版 (type-alias) C++20
wformat_context basic_format_contextのワイド文字列版 (type-alias) C++20

引数

名前 説明 対応バージョン
basic_format_arg 引数1つへのアクセスを提供する (class template) C++20
visit_format_arg basic_format_argオブジェクトが現在保持している型に対応する関数を呼び出す (function template) C++20
make_format_args 可変長引数からbasic_format_argの列を構築する (function template) C++20
make_wformat_args make_wformat_argsのワイド文字列版 (function template) C++20
basic_format_args 引数列へのアクセスを提供する (class template) C++20
format_args basic_format_argsのマルチバイト文字列版 (type-alias) C++20
wformat_args basic_format_argsのワイド文字列版 (type-alias) C++20
format_args_t basic_format_argsの第1テンプレート引数をbasic_format_contextにした別名 (type-alias) C++20

例外

名前 説明 対応バージョン
format_error フォーマットの失敗を表す例外クラス (class) C++20

バージョン

言語

  • C++20

処理系

参照